那須法務司法書士事務所 未来を一緒に考えるパートナー

menu

成年後見Adult Guardianship

成年後見

成年後見のご相談

成年後見とは

成年後見制度は、認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で、判断能力が不十分な方のために、財産管理と身上保護(監護)を行う成年後見人を裁判所が選任するものです。

財産管理は分かりやすいと思いますが、身上保護(監護)というのは、聞き慣れない言葉ですね。
身上保護(監護)とは、ご本人の生活や療養看護に関する事務を、ご本人の代わりに行うことです。
成年後見制度の目的は、自己決定権を尊重しつつもご本人(被後見人)が財産を散逸してしまったり、不利な契約を結んだりする被害を避けることにあります。
そして成年後見人は、ご本人(被後見人)の利益のためだけにその責務を全うするのです。

不動産登記とは

特に次のような方は、
ぜひ成年後見についてご相談ください。

ご相談ください

ご相談ください

  • 認知症の親御さんの施設入所費用を捻出するために、不動産を処分したい方
  • 離れて暮らす認知症の親御さんの財産管理などをしてくれる人を探している方
  • 相続人の中に認知症の方がいて遺産分割協議ができない方
  • 銀行から成年後見人を立てて欲しいと言われた方
  • 親御さんに代わって、知的障がいのお子さんの財産管理などをしてくれる人を探している方
  • 離れて暮らしている、精神障がいの兄弟姉妹の財産管理などをしてくれる人を探している方

上記のような方々は、ぜひご相談をお待ちしております。
お気軽にお問合せください。
スタッフ一同、お待ち申し上げております。

成年後見に大切なこと成年後見に大切なこと

成年後見人になることができるのは、我々司法書士や弁護士、社会福祉士などの士業や市民後見人、そして親族の方々です。身内の方でも成年後見人となって、ご本人の財産管理や身上保護(監護)をすることができます。
家庭裁判所に成年後見制度の利用を申し立てるときに、誰かを成年後見人候補者とすることができます。
その場合でも、必ずしもその方が成年後見人に選任される保証はありません。
我々司法書士のような第三者が選ばれることもあります。

成年後見制度は、ご本人(被後見人)の傍にいる方の苦労を軽減できる制度なので、大変便利な制度であることには違いがありません。
しかし成年後見人は買い物や病院の付き添いなどの事実行為は行えません。
あくまでも財産を管理するとか、身上保護(監護)という事務手続きを行うことになるのです。成年後見人が選任されたからといって、すべてを任せきりにすることはできないのです。その辺りのことは、身内の方や介護者、施設、包括支援センターなどと相談して対応していくことになります。

成年後見制度にはもうひとつ、任意後見という制度もあります。
任意後見は、ご本人が認知症等になる前に任意後見人として、
「この人!」と思える相手と任意後見契約を結んでおくという方法です。
お元気なうちに財産管理契約や見守り契約、任意後見契約、
死後事務委任契約等を交わしておくのです。
ご自身が選んだ相手に財産管理や認知症等になった後のプランを任せることができますので、
余生を安心して過ごせるという精神的メリットを感じていただくことができます。

当事務所では、成年後見契約や任意後見契約を本当に利用した方がよいのかどうか、そこからサポートさせていただきます。また、成年後見制度だけでなく、遺言書、家族信託といった手続きも考慮にいれ、お客様に最適な方法をご提案させていただきます。

不動産登記

司法書士事務所那須法務司法書士事務所

お客様に満足を超える「感動」を!
コミュニケーションを重視し、
トラブルを未然に防ぐお手伝いをいたします。

司法書士事務所那須法務司法書士事務所

司法書士事務所那須法務司法書士事務所

ご相談無料●●

まずはお気軽にご相談ください。

TEL06-6940-4111
受付時間: 平日8時〜21時
土・日・祝も相談可能(要予約)
mailお問い合わせフォーム

ご相談無料

page top